日頃の生活を改善して血圧管理をする

f002ae1a08cef216dee5c880bce4c49b_l中高年になると心臓の病気にかかりやすくなります。
特に増えているのが狭心症や心筋梗塞です。
これらの病気は普段の生活習慣と深く関わっています。
最近では中高年だけでなく若者の間にも心臓病が増えていますが、それは若さ特有の不摂生な生活が影響しているからです。
また喫煙も心臓病には悪影響を及ぼします。
狭心症や心筋梗塞にならないように予防するには、日頃の生活を改善することが必要です。
例えば運動不足や食べ過ぎの人は、ウォーキングをしたり腹八分を心がけて下さい。
肉料理が好きな人は魚料理を食べる回数を増やして下さい。
野菜や海藻や大豆製品などを多く食べるようにすれば、食生活はかなり改善されます。
肉の脂身や動物性の乳製品を食べ過ぎると、中性脂肪やコレステロールが増えるので注意が必要です。
このように日頃の生活を改善するには、適度な運動と食生活の見直しが重要なのです。
狭心症や心筋梗塞を予防するには、血圧管理をすることも大事です。
高血圧の人は心臓病になりやすいのです。
普段から塩分を取りすぎていると高血圧になりますし、間食やアルコールをとりすぎると高血糖になって、心臓に負担がかかることになります。
日頃の生活を改善し、血管理をすることによって、心臓病にかかる確立はかなり減らすことができます。