高血圧のチーム医療が動脈硬化性疾患を早期に発見

近年では合併症が考えられる病気に対してなどに特にチーム医療がなされてきています。医療に関わるいろいろな分野の医療スタッフが、それぞれが持つ高い専門性を生かし、情報を共有し、業務を分担して行いながらも互いに連携しあって補完しあい、的確な治療に臨むことなのです。最近の医療の複雑化などが患者、家族の間に、質の良い高度の治療を求めるあまりに、いい方法なのかとの思いがでてきていることもあります。もっと質の良い医療を受けるためには一人一人の医療スタッフの専門性を生かして、チーム医療に取り組んでいるのです。それをすることは、疾病の早期発見、回復促進、重症化を予防するなどが期待できます。また、スタッフの効率性をあげて、負担も軽くできるのです。それは高血圧を原因としての動脈硬化性疾患にたいしても、突然死や寝たきりなどにならないためにもチーム医療は必要になります。動脈硬化性疾患は特に心筋梗塞をはじめとして、心血管系疾患と、脳梗塞、脳卒中を中心とした脳血管障害による死亡はとても大きく位置をしめているのです。高齢化が進むにつれ、ますます増えていくことが予想されています。動脈硬化性疾患が起きる大きな原因となるものの1つに高血圧があります。動脈硬化予防のためには高血圧を適確に管理していくためにもチーム医療は欠かせないものになります。高血圧による高コレステロール血症、冠動脈疾患や脳梗塞の危険があり、それがまた動脈硬化性疾患に繋がっていくのです。高血圧の改善には医師はもちろん、看護師、保健師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師などすべての人の力を合わせて治療に当たっていくことが、患者自身の生活をより良いものにするのに役立つのです。