高血圧の予防対策に胡麻麦茶を飲みましょう

高血圧とは動脈が汚れ血液の流れが悪くなることにより心臓が血液の流れを良くしようと圧力を高めた結果起こる症状です。
日本国内に約3000万人以上もいると言われている国民病で高血圧を放っておくと心筋梗塞や動脈硬化、脳卒中など重篤な病気の原因となる可能性があります。

血圧は家や健康診断で計る事ができ、その基準値は最大血圧が135~140mhg以上・最小血圧が90mmhg以上の場合に治療が必要と判断される場合が多いです。
特に最小血圧が高いと要注意です。

主な原因として考えられているのは、遺伝と生活習慣です。
家族・親族に高血圧の方がいる場合は日頃から生活習慣に気を付けましょう。
特に注意するポイントとして、運動不足・偏った食生活・不規則な睡眠などが挙げられます。
遺伝のあるなしに係わらず生活習慣を正す事は病気の予防対策となります。

最近、高血圧の予防対策に胡麻麦茶を取り入れる人が増えています。
胡麻麦茶とは胡麻ペプチドを含んだ飲料で普段のお茶がわりに続けて飲む事が出来ます。

胡麻ペプチドは塩分の取り過ぎや運動不足などが原因で血管収縮物質を生成する酵素が血圧を上昇させるのですが、胡麻ペプチドには血圧を上昇させる酵素の働きを抑える効果がある事が確認されています。

特に、40代の男女は男性で6割・女性は4割の人が血圧を気にしています。
胡麻麦茶を飲むだけで適切な予防対策になるのではなく、合わせて適度な運動とバランスのとれた食事で生活習慣を改善する事で高血圧を始めとした様々な病気の予防となるのです。

お薦めの食材は魚類やカルシウム・マグネシウムを含む牛乳、カリウムを豊富に含む野菜・果物も毎食、食べたい食材です。
また、生活習慣として禁煙・禁酒をすると血圧が下がるとの調査結果があります。